NEWS & TOPICS

【TOPWELLが製造業1000社に調査】需要予測の精度に過半数が頭を抱える

TOPICS2020.07.03

海外の製造業は企業規模を問わず、IT等の最新技術の導入に積極的に取り組んでいます。
一方、日本の製造業は技術力への自負から、他国に比べて導入が遅れていると言われています。
そこで、(株)TOPWELLではその実態を把握するべく、国内の売上高上位1000社を対象に製品開発の現場を調査しました。

その結果、7割の企業が現場の経験と勘による製品開発を行っている事が判明。
そして、その製品開発の精度の低さに過半数の企業が頭を抱えている事が浮き彫りになりました。

前回の記事はこちらから→ 「7割の企業が経験と勘による製品開発を実施」

=トピックス=

予測精度の低さに過半数の企業が頭を抱えている
需要予測を行うにあたって、課題に感じている要素を調査しました。
『需要予測の精度が低い』と感じている企業が最も多く、「需要予測の能力を持つ人材がいない」「精度の高い需要予測の見極めが難しい」という意見が目立ちました。

=調査結果=
需要予測の課題について

需要予測の精度に過半数が頭を抱える

=データから読み取れるポイント=~需要予測の課題~​​​​​​​​​​​​​​

●需要予測の精度が低いと感じている企業が過半数を占める


次号以降で「TOPWELLの考察」をお送りします。


ご利用に関して
●注意事項
・当記事に掲載のデータを引用・転載される際は必ず「株式会社TOPWELL調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
・引用される際は、株式会社TOPWELL広報担当までご一報いただけると幸いです。

●調査概要
調査:株式会社TOPWELL
調査方法:郵送・電話による聞き取り調査
調査対象:業種_製造業(売上高上位1000社)
本社所在地_茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都
神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県
調査実施期間:2020年2月18日(火)~2020年3月19日(木)